コンテンツ

坐骨神経痛のタイプ

腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの病気の症状のひとつとしてあらわれることが多い坐骨神経痛ですが、このため狭窄型坐骨神経痛、ヘルニア型坐骨神経痛、合併方坐骨神経痛と3つのタイプに分類することができます。
坐骨神経痛の治療には、投薬やコルセット、理学療法などに併せて、日常生活で行なえる体操やストレッチも行なって治療していくため、自分がどのタイプの坐骨神経痛なのかを知り適切な自己管理をすることで、痛みを改善していくことができます。

臀部や足の痛みやしびれが続き、坐骨神経痛であると判断できたら、次はどのタイプの坐骨神経痛なのかをチェックしましょう。

まず、平らな床の上に立ち、上半身を前後に倒してみて、どこで痛みやしびれが起こるかで判断します。
上半身を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる人は、狭窄型坐骨神経痛です。
逆に上半身を前に倒したときに痛みやしびれが強くなる人は、ヘルニア型坐骨神経痛になります。
上半身を前に倒しても後ろにそらしても痛みが増すという人は、狭窄症とヘルニアを併発した合併型坐骨神経痛と考えら、このような場合は、脊椎の疾患が悪化している可能性もあるため、早めに整形外科を受診されたほうがよいと思います。

以上のように坐骨神経痛のタイプを判断するには、やわらかい場所をさけ、バランスの取りやすい安定した平らな場所で行いましょう。