コンテンツ

坐骨神経痛の自己診断

腰が痛いと思ったら、その痛みがお尻や足の痛みや、しびれなどが出てきたけどこれってもしかして坐骨神経痛? このように坐骨神経痛は多くの人に広く知られている症状で、軽症の坐骨神経痛は自己判断することもできます。

自分の足や腰に次のような症状がひとつでもある場合は坐骨神経痛が疑われますので、一度チェックしてみてください。

●腰痛がある
●お尻、腰に痛みを感じる
●太もも、足に痛みやしびれ感がある
●からだを動かすと、お尻や腰、太もも、足の痛みやしびれの感覚が激しくなる
●お尻から下の部分が、引きつった感じや、冷たい感じやほてった感じなど、感覚異常がある
●足の裏の皮膚が厚くなったような感覚や、足の裏にジリジリ感がある
●足腰の力が入らない
●歩いていると足の痛みやしびれがひどくなる。しばらく休むと再び歩けるようになる
●左右の足の筋力に差があるような感じがする
●会陰部周辺の感覚が鈍くなり、尿もれすることがある

以上のようなチェック項目である程度、自己判断はできますが、例えば安静にしていても激しい痛みが治まらなかったり、症状が両足にあらわれているときなどは、坐骨神経以外の病気の可能性もありますので、整形外科を受診してください。
また、腰やお尻、足の痛み以外にも動悸、息切れ、更年期障害、排尿障害などの症状がある人は、それぞれの専門医の診察を受けることが必要です。