コンテンツ
 
 
 
 
 
 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛(ざこつ-しんけいつう)とは、骨盤から足にかけて通っている坐骨神経に起こる疾患です。
その原因や症状はさまざまですが、お尻や下肢に激しい痛みが繰返し発生するという特徴があります。
次に、坐骨神経痛の主な原因や症状について説明していきましょう。

坐骨神経痛の主な原因としては、腰仙骨の椎間板ヘルニア、脊椎神経根の圧迫、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などが挙げられます。
まれに、糖尿病やカリエスによる坐骨神経の障害、がんの転移などが原因になることもあります。
椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛としては、根性坐骨神経痛や腰椎性坐骨神経痛などがあり、坐骨神経の付け根の圧迫で激しい痛みが起こります。
ほかには梨状筋の神経圧迫によって起こる梨状筋性坐骨神経痛や、現在のところ原因が解明されていない症候性坐骨神経痛などがあります。

坐骨神経痛の主な症状としては、下記のようなものが挙げられます。
・臀部(お尻)から太ももの裏側までの痛み
・太ももや下肢の痺れ、痛み
・座ったときの臀部や太ももの痛み
・腰部や下肢の炎症、腫れ
・腰部や臀部の突っ張り感
・足底や足の指のしびれ、歩行困難 など
その原因によっても症状は異なりますが、主にお尻や太もものしびれ、激痛、突っ張り感、足指や足底のしびれがある場合は坐骨神経痛を疑ってみてもいいでしょう。

坐骨神経痛の治療法としては、鍼灸による局所治療、医療機関(外科)による薬剤やけん引療法などがあります。 もし坐骨神経痛が疑われる場合は、自己流の治療などはせず専門医に受診することが大切です。